糸魚川駅北大火

糸魚川駅北大火~あの時に起こったこと~

糸魚川駅北大火~あの時に起こったこと~

↑【新聞の一面に大きく掲載された大火時の様子。国道8号線が黒煙で通行止めになるほどだった。】

平成28年(2016年)12月22日木曜日。
この日、糸魚川の街中は強い南風が吹いていました。
午前10時20分頃。
一件のお店から出た炎は、強風で瞬く間に広範囲に飛び火。
その後30時間延焼し約40,000㎡、147棟が焼失する
過去に類を見ない大火となりました。

【大火直後の新聞↓】

大火直後の新聞
大火直後に現地入りし撮った写真

 ↑【大火直後に現地入りし撮った写真。左上に見える赤と白のツートンのお家が大火に打ち勝った奇跡の家。】

奇跡の家のサッシ

 ↑【奇跡の家のサッシ。耐火ガラスだったためヒビだけで済んだ。】

さまざまな展示

↑【他にもさまざまな展示があります。】

そんな中、ある奇跡が起きました。

あの火の海を免れ猛火に打ち勝った一軒のお家があったのです。

そのお家はミタキハウスが施工させていただいたお家です。

※詳しくはコチラからどうぞ!

大火の記憶を風化させないために

奇跡のお家の向かい側には母屋がありました。

しかし大火の猛火により残念ながら焼失してしまいました。

よってきないや館ではその母屋から焼け残って出てきた生活用品を譲り受け、2Fギャラリーにて展示させていただいております。

母屋から出てきた生活用品の数々

  ↑【母屋から出てきた生活用品の数々。】

猛火の高熱によって表面が酸化した鉄瓶や鋳物の急須

  ↑【左上:猛火の高熱によって表面が酸化した鉄瓶や鋳物の急須。右上:熱によって一つの塊となった5円玉。下:熱によって溶けてしまい原型をとどめていないガラス製品や花瓶。高熱の炎で火が回ったことがよく分かる。】

感想ノート

↑【展示を見ていただいた方が自由に書き込める感想ノートを設置しています。】

実際に目にしていただくことで、

“こんなに大きな火災が糸魚川で起きたんだ”

“火(火災)の恐ろしさ”

など様々な気持ちを感じてもらったり、
この糸魚川駅北大火の記憶をこれから先風化させないために...。
との想いでこの展示コーナーを設置致しました。

ぜひ一度は見ていただきたい展示となっておりますので、
お気軽にお立ち寄りください。