奴奈姫杉物語

「奴奈姫杉」

「奴奈姫杉」

 創業以来、私たちは常に本物の無垢材で家をつくることにこだわってきました。
さらに、地元産の天然木でつくりたいという強い思いから誕生したのが、糸魚川育ちの天然素材
「奴奈姫杉(ぬなひめすぎ)」です。
 「奴奈姫杉」はミタキハウスのブランド名として商標登録されています。
奴奈姫杉という名前の由来は、糸魚川を代表する伝説の人物「奴奈川姫」。
 糸魚川といえば古来より「ヒスイの里」として有名ですが、縄文時代にこの地を治めていたと伝えられているが、
賢く美しい奴奈姫杉です。現在、日本全国の遺跡で見つかっているヒスイ製品のほとんどは、
当地方から運ばれたものだと言われています。
 奴奈川の奴(ぬ)は、赤や青、美しい玉の総称であり、ヒスイの玉を意味するとされています。
古代のロマンを秘めたヒスイの里・糸魚川で大きく育った杉が「奴奈姫杉(ぬなひめすぎ)」です。

厳しい風雪に耐えて育まれた雪国の杉は、使用できるまでに何十年という月日を要します。
その分、目が細く詰まっていて、耐久性に優れているのが特徴です。
また、地元で育った木は地元で使用するのが、最も狂いが少ないとも言われます。

 地元と共に歩んできたミタキハウスが自信を持って提案する、ふるさとの杉材です。

「奴奈姫杉」
「奴奈姫杉」
「奴奈姫杉」
「奴奈姫杉」
「奴奈姫杉」
「奴奈姫杉」